ぐーたら主婦ブログをはじめる

テーマは節約と家事全般、ときどきダイエット

意外に簡単!夏の冷製スープ 野菜のポタージュで栄養補給

SPONSORED LINK

まだまだ暑い夏が続きますね!

去年の夏は、ダイエット中だったこともあり、我慢大会さながら汗だくなりつつ熱々のキャベツスープをいただいておりましたが、ダイエットも一段落した今、さすがにそのような気分にはなりません。

たしか昨年は、3月ごろにダイエットを開始、半年かけて10kgの減量に成功したんですよね。

そして10カ月が経過した今も、なんとかリバウンドすることなく、その体重を維持しております。

www.choki.work

元々わたしは太りやすい体質ではなかったので、若い時はどれだけ食べても太りませんでした。

今はしっかり、食べたら食べた分だけ太りますよ。

「わたしぃ~めっちゃ食べるの好きなんだけどぉ~全然太らなくてぇ~」

などと、呑気なことを言っているそこのお嬢様方。

ご安心くださいませ。

中年になれば、食べたものはしっかり身となり血となり、肉となります。

体質による影響もありますが、どれだけ食べても太らないのは若い内だけです。

経験者が言うのだから間違いございません。

 

そんなこんなで、わが家の食卓に汁物はかかせません。

栄養補給、は建前で、本音を言うと食べ過ぎ防止のためでございます。

そこで暑い夏でもグビグビ飲めちゃう冷製スープのご紹介です。

野菜はお好きなものでどんどんお試しください。

さすがにネギとかしいたけなんかは、味や色的にもいまいちですが。

野菜のポタージュに必要な道具

まずはじめに、滑らかな口当たりを実現するためにも、ミキサーかハンドブレンダー、どちらかひとつはご用意ください。

やわらかなお野菜をすりつぶすだけですから、それほど高性能なものは必要ありません。

わたしははじめ、どっちも持ってなかったので、マッシャーで丹念に潰してみたりもしたのですが、思いのほか口当たりは良くありませんでした。

諦めて購入したのがこちらです。

収納場所も取りませんし、お手入れが超らくちんなのでおすすめです。

しかもめっちゃ安いです。

冷製スープにおすすめするお野菜

甘くて、簡単につぶれそうなお野菜であれば、基本的になんでもいけます。

下でご紹介するのはあくまでも一例です。

枝豆のポタージュ

材料:冷凍枝豆 400g(可食部200g)

今回は横着して冷凍枝豆を使用しました。

どれだけ面倒であっても、必ず薄皮は取り除いてください。

でないとドエライことになります。

夫が一番好きなポタージュはこれです。

コストは高くなりますが、そら豆のポタージュも絶品です。

f:id:rararutan:20180804234119j:plain

トマトのポタージュ

材料:トマト 大2個

皮を剥いてから種を取ります。

種は酸味がきついので、取り除いたほうがまろやかな口当たりになります。

f:id:rararutan:20180804234140j:plain

取った種がもったいないなら、その場で飲み干してしまいましょう。

トマト果汁100%!これがなにげにうまいのです。

f:id:rararutan:20180805092234j:plain

さつまいものポタージュ

材料:さつまいも 中1本

皮を剥いていちょう切りにし、水にさらします。

玉ねぎと一緒に炒めることで甘みが増します。

個人的にはこれが一番好きかも。

f:id:rararutan:20180805114432j:plain

かぼちゃのポタージュ

材料:かぼちゃ 小1/4個

定番中の定番ですね。

レンジでチンをしてから皮を剥き、小さくカットします。

f:id:rararutan:20180804234151j:plain

その他のお野菜

じゃがいも 中2個

ブロッコリー 1個

にんじん 2本

などなど

食感が悪くなりそうな、皮や薄皮は基本的に取り除きます

ときどき「皮に栄養があるのに!」なんてことをおっしゃる方もおられますが、現代人は栄養過多ですから、そこまで気にする必要はありません。

皮を付けたまま作りたいのなら、裏ごし器にかけるぐらいの根性が必要です。

SPONSORED LINK

 

冷製スープ基本の作り方

材料(4人分)

好きな野菜 200g前後

玉ねぎ 1/2個

バター 10g

ブイヨン 1個

水 200cc

牛乳 300cc

薄切りにした玉ねぎを透明になるまでバターで炒めます

炒めた玉ねぎバターによって、コクとうま味と甘みがプラスされます。

これがないとぼんやりしたマヌケな味に仕上がります。

イモ系であればここで一緒に炒めます。

f:id:rararutan:20180804224239j:plain

 牛乳以外の材料をすべて投入します

蓋をして具材が柔らかくなるまで、コトコト煮てください。

粗熱が取れてからハンドブレンダー、又はミキサーで潰します

急いでいる場合は、冷たい牛乳を半量ほど注ぎ、温度を下げてから潰すといいです。

シャブシャブすぎるとハンドブレンダーで混ぜるとき、飛び散りやすいので注意。

f:id:rararutan:20180805114750j:plain
f:id:rararutan:20180805114752j:plain

牛乳をすべて加えたら、沸騰直前で火を止めます

冷たく冷やしていただきます

f:id:rararutan:20180805115234j:plain

(画像はさつまいものポタージュ)

おしまいに

牛乳の代わりに豆乳を使うのもありです。

栄養価はどちらもそれほど違いはありません。

100ccあたりのカロリーは牛乳が67 kcalで、豆乳が46kcalです。

大豆イソフラボンの美肌効果を意識するなら豆乳、カルシウムを補いたいなら牛乳がおすすめです。

 

冷製スープといっても普通のポタージュとレシピは同じです。

寒い冬には温かいうちにいただいてください。

わたしは2日分をまとめて作るのでレシピは4人分です。

慣れてしまえばお味噌汁を作る感覚でお手軽に作れます。

体にも良いし、お腹も満たせるし、美味しいし、おすすめの一品です。

色がきれいなのでおもてなしにも最適ですよ。