ぐーたら主婦ブログをはじめる

テーマは節約と家事全般、ときどきダイエット

パセリが水耕栽培で復活!家庭菜園で自給自足!

SPONSORED LINK

記事にするつもりがなかったので、写真が少なくて恐縮なんですが、今日は昨年植えたパセリの話題。

バジルの後ろでひっそりと芽吹いていたパセリちゃん。

www.choki.work

今になって思えば、おそらくこのときはバジルに栄養を取られていたのでしょう。

発芽率も悪くて、なかなか育つ様子もなかったのに、バジルをすべて収穫したあと、極寒の中すくすくと成長し、なんと越冬してしまいました。

ちなみに、パセリには一度も水や肥料は与えていません。

ご近所さんのパセリも冬を越しておりましたし、生命力だけでならパセリはバジルのさらに上をいくようです。

 

そこで今春は、それぞれの生育を妨げないためにも、パセリはお引越しすることになりました。

こちらが新しいお引越し先です。

f:id:rararutan:20190509101807j:plain

パセリなら大量消費することもないし、この程度のスペースがあれば十分。

パセリの植え替えに失敗・・

ところがです、適当にずぼっと抜いて、適当に植え付けたら、新しいお引越し先がお気に召さなかったのでしょうか。

ぐったりしたまま立ち上がらないパセリちゃん。

ハーブの生命力は強いといっても、植え替えで失敗して枯らせてしまうケースは決して珍しくはありません。

 

2、3日様子を見ておりましたが、復活は難しいと感じて、水耕栽培に切り替える決心をしました。

ぐったりしているだけならまだ間に合います。

枯らしてしまえばもう手遅れ。

根が生きているなら復活もありえますが、植え替えに失敗した場合、望みは薄いです。

水耕栽培なら適当でも大丈夫!

水耕栽培は、昨年のバジルでも経験済みです。

根をちょん切って、水につけるだけ。

知識がなくても、とても簡単。

ご覧ください。

f:id:rararutan:20190508223417j:plain

息も絶え絶えだったパセリちゃんが復活!

こうしておけば、ちょっと緑が足りないなぁというときに、いつでも簡単に摘み取れます。

パセリを買うとか、もうもったいなくて考えられない。

 

しばらくすれば根が生えてくることもありますが、水が傷みやすくなるので、切ってしまってもいいかも。

このパセリはこのまま現状維持で。

増やすだけなら土のほうがはるかに簡単です。

 

というわけで、昨年108円で買った種がまだ半分ほどあまっていたので、新しい鉢に撒いておきました。

ハーブは生命力がすごいから、プランターでもそんなに難しくはないはず。

たぶん・・。

SPONSORED LINK

 

レンジで簡単、乾燥パセリ

瓶に入りきらなかった分は、乾燥パセリにしてから保存することに。

摘み取ったパセリをよく洗って乾かします。

f:id:rararutan:20190508223312j:plain

(拭いてもいいけど、キッチンペーパーがいっぱいいるのでもったいない)

ある程度乾いたら、葉だけを摘み取り、キッチンペーパーの上に広げます。

f:id:rararutan:20190508223342j:plain

お皿に乗せて、600Wなら2分30秒ほどレンジでチン。

乾燥が足りないようなら10秒~20秒づつ追加で加熱します。

焦げやすいので一気に加熱しない

手で触ってポロポロ崩れるようになれば完成。

瓶に詰め替えて、冷蔵庫で保存します。

f:id:rararutan:20190508224400j:plain

香りを長持ちさせたいので、あえてほぐさず、そのまま瓶に詰めました。

水を替えるのも毎日の楽しみに

水は毎日取り替えたほうがいいです。

夏場であれば、1日数回替えてもいいぐらい。

以前のナマケモノを気取っていたわたしであれば、間違いなくこう言っていたでしょう。

「毎日水を替えるなんてめんどくさい!」

時間をもてあましているひとに限って、やたらと面倒くさがる傾向にありますよね。

 

キッチン小窓のすぐそばであれば、水を取り替えるのなんて、ものの数十秒で完了です。

料理の準備をするときのついで、洗い物のついで。

どれだけ忙しい人であっても、その程度の時間がひねり出せないわけはありません。

問題なのは、その時間が楽しめるかどうか。

 

以前のわたしはその時間を楽しめなかった。

今のわたしはその時間を楽しめるようになった。

昔に比べたら、心に余裕が持てるようになった、ような気がします。

 

とはいっても、仕事は繁忙期に入り、目が回るような忙しさに追われる日々。

普段やらないようなミスの連発で、へこんでおります。

僻地に飛ばされて重労働を科せられている夫に比べたら、まだまだ楽をしているほうなんでしょうけど。

緑を眺めて癒されよう・・。