ぐーたら主婦ブログをはじめる

テーマは節約と家事全般、ときどきダイエット

節約しながら健康と時短を実現!おひとりさま食事の工夫

SPONSORED LINK

 今日はちょき流おひとりさまの工夫をご紹介です。

早いもので、夫が出張(というか単身赴任)になってから2カ月が経とうとしています。

高校を卒業してからすぐに家を出たので、24歳で結婚するまでの6年間は、ずっと一人暮らしでした。

思えば当時の食生活はめちゃくちゃでしたね。

朝はパン、お昼も夜も外食で、ファストフードや油っこい物を食べたい放題。

若さゆえに乗り切っておりましたが、たぶん今それをやるととんでもないことになりそうです。

 

これからご紹介するのは、「健康」「節約」「時短」の3つを意識した上での工夫となっています。

といってもまだまだ改善の余地はありますけどね。

「楽をする方法」というのは考えるだけでもわくわくするものです。

おひとりさまの工夫

休みの日はのんびりしたいので、おかずの作り置き、というのは基本的にやりません。

日々の調理で、まとめて作れるものはなるべくまとめて作るようにはしています。

一人分だけ購入、一人分だけ作る、というのはなにかと効率が悪いんですよね。

解凍するのが面倒で、2人のときはあまり活用できていなかった冷凍庫も、おひとりさまになってからはフル活用するようになりました。

食パンはまとめて買ってすぐに冷凍

食パンは一斤98円(特売価格)、半斤118円(通常価格)と、おひとりさまには優しくない価格設定となっております。

そのため、一斤を購入してから半分はすぐに冷凍します。

f:id:rararutan:20180819151457j:plain

(関西人に大人気のダブルソフト)

冷凍食パンを美味しくいただくためのポイント

  • 購入して新しいものをすぐに冷凍
  • 急速冷凍室にて瞬間冷凍(急速冷凍室がなければアルミトレー)

焼くときはそのまま普通に焼くだけで、表面サクサクの中はふんわりです。

アルミホイルで包んだり、焼く前に霧吹きでプシュッとしたり、解凍したり、といった手間は必要ありません。

一応全部の方法を試してみましたが「そのまま焼く」で十分美味しくいただけました。

 

余談でありますが、朝食を和食にしようかどうしようか、ただいま検討中です。

なんと「年収1,000万円以上の人の9割以上が、朝食はごはん党」という衝撃の事実が。

www.panpanpapa.com

わたしの尊敬するぱぱさんもそうおっしゃっています。

夫にLINEでどっちがいいか尋ねてみたら「和食!」と即答されてしまいました。

ムムム!

ご飯とお味噌汁となんかおかず、ってなったら、食パンのコストを超えるんですよね。

わたしは納豆が食べられないし。

和食でコスパ優秀なおかずの開発が必要になりそうです。

ごはんはまとめて焚いてすぐに冷凍

すべておにぎり状にしておくと、このままチンして食べられるので、おうちで食べる場合であってもお茶碗がいりません。

f:id:rararutan:20180819130950j:plain

3合のご飯を炊いたら9個のおにぎりができました。(1個はつまみました)

1個あたりは約120gなので、ぴったり200kcalとなっております。

カロリーの調整もらくちんです。

 

和食やお弁当が中心の献立ですと塩分が気になるので、塩は使わないことにしています。

具にもかなりの塩分がありますからね。

おにぎりっておにぎりの形になっているだけで、美味しく感じるのが不思議です。

美味しくて洗い物が減って、と一石二鳥です。

 

職場でいただくときは、チンしてホイルにくるんで持っていきます。

www.choki.work

SPONSORED LINK

 

お弁当は2食分まとめて作成

お弁当が好きで、代わり映えのしないメニューでも満足できる方にはおすすめしたい方法です。

職場でいただくお弁当と、晩ご飯用の家弁と、2食分まとめて作成しております。

(わたしの作るお弁当はほんとにワンパターンです)

f:id:rararutan:20180819124724j:plain

職場ではチンができないので、アルミ弁当箱、家弁は温めていただきたいので、イワキの耐熱ガラス容器に入れてあります。

これなら仕事が終わって帰ってきたら、冷蔵庫から取り出し、1分間チンするだけで温かい食事にありつけます。

家族がいればさすがにちょっとあれですけど、あくまでもおひとりさまの工夫ということで。

お昼の献立

お弁当のおかず+おにぎり1個

夜の献立

お弁当のおかず+野菜のスープやポタージュorお味噌汁

www.choki.work

以前は晩ご飯にもおにぎりを食べていたのですが、仕事をはじめてから1日2食を3食に増やしたところ、体重が増えてきたため、泣く泣く抑えております。

太ったのは炒め物中心の献立であることも影響してそうですね。

ウィンナーをやめて野菜の量をもう少し増やしたほうがいいかもしれません。

おしまいに

野菜の長期保存方法をまとめたり、とかも考えていたのですが、それはおひとりさまに限った話でもないので。(決してめんどくさかったわけでは・・)

またなんか思いついたらこっそり加筆修正しておきます。

 

一人分だったら作るよりも買った方が安上がり、というのは作るのが面倒なひとのいいわけだと思います。

なにもきっちり一人前だけ作る必要はありませんからね。

冷蔵庫という文明の利器があるので、多少作りすぎても、3~4日ぐらいは平気です。

 

買った方が「楽」なのは間違いないですけど!

わたしが手作りにこだわるのは、今はまだその余裕があるからです。

夫が帰ってきて、食事の支度に手が回らなくなったら、その辺で買ってきたりとか、たぶん普通にやります。

できるときに作ればいい、それぐらいの軽い気持ちで自炊をするのがおすすめです。