ぐーたら主婦ブログをはじめる

テーマは節約と家事全般、ときどきダイエット

できすぎる義母と赤点嫁

SPONSORED LINK

なんか作文みたいなタイトル。

今日はわたしの義母自慢。

自慢話なんてうざいだけ、人の不幸こそが密の味、という方はここでUターンを。

といっても、若干重たい話から入るのですが。

 

わたしたち夫婦には子供がおりません。

わたしの不妊が原因です。

自然妊娠はむずかしいでしょう、と言われたのは、お互い30歳を過ぎたころだと思います。

 

体外受精ならできるかも?

だけどもし、うん十万円、うん百万円お金をかけてできなかったら?

幸いにもうちは夫婦円満。

子供のいない未来もありなんじゃ。

二人で同じ結論を出すまでに、それほど時間はかかりませんでした。

 

問題だったのはうちの両親です。

なにしろ、普段から「孫まだかー?」の催促がありましたから。

打ち明けたときは、そりゃもう、あからさまにガッカリされましたよ。

 

気持ちはわかるんです。

わたしは三姉妹の次女として生まれ、上には年子の姉がおりましたが、その姉は20代のころに独身のまま亡くなっています。

下には妹がおりますが、わけあって40を過ぎた今でも独身です。

そりゃがっかりするのは当然のことでしょう。

 

しかしそれは、義母も同じなんです。

夫は弟と二人兄弟。

その弟が、これまたわけあり独身、今後も結婚できる見込みはなし。

つまり、子を持てる可能性があったのは、わたしたち夫婦だけ。

うちが子供を諦める、ということは、家系の血が途絶えてしまうということ。

孫の顔が一生拝めなくなってしまうのです。

 

当時、義母からは一度も孫の催促はありませんでしたが、黙っているのも心苦しくて、こちらから打ち明けました。

「ごめんなお義母さん。孫の顔みせてあげられんで」

そしたら義母は、顔色一つ変えることなく言ったんです。

「子供のおらん夫婦やてなんぼでもおるわ。あんたらの人生はあんたらのもんやろ。好きにしたらええねん」

今でも、その言葉を思い出しただけで、涙が浮かんできます。

 

義母はとてもやさしいひと。

あえて欠点をあげるとすれば、頑固すぎるところでしょうか。

 

結婚してからの習慣で、月に一度は義母宅でごちそうになります。

しかしその間、ただの一度も、わたしは手伝いをしたことがないのです。

せめて食器を片づけるぐらいは・・と思い、食器を持って立ち上ろうとしても

「ちょきちゃんは座ってて!」

「いやいやお義母さんこそ少しは座ってて!」

美しい譲り合い、ならぬ、汚れた皿の奪い合い。

 

昔、パート仲間の、わたしの母の年代の人が、嫁のことを愚痴ってました。

「嫁に『座ってて』と言ったら、本当にずっと座ってるのよ!普通だったら遠慮して手伝うわよね!」

そんな風に思われたらどうしよう、初めのころこそそんな不安もあったけど、今ではまったく心配してないです。

上げ膳据え膳、殿様気分。

夫がなにもできない人に育ってしまったのも頷けます。

 

今は完全別居だからうまくいってて、同居であれば、また違ってくるのかもしれませんが。

でもそれは、実親であっても同じことが言えるんですよね。

現に、わたしが実親とうまく付き合えるようになったのは、実家を出てからの話です。

血のつながりがあっても、うまくいかないことだってあるに、赤の他人となれば、むずかしいのはあたりまえ・・といっても、わたし自身が赤点嫁なのだから、あちらからお断りされる可能性のほうが高いかも。

 

生まれてはじめての海外旅行は、義母が誘ってくれたツアー旅行でした。

夫抜きでの二人旅。

そのときに、時間にだらしのないわたしと、時間に余裕を持ちたい義母とで、気まずい空気になったことがあります。

絶対に義母は、わたしの行動にイライラしたはず。

今となってはいい思い出です。

できればまた行きたいのに、義母は「もう歳だから・・」と言って、まったく乗り気ではありません。

いい思い出だと思っているのはわたしだけの可能性。

 

こちらは今年の冬、義母に縫ってもらったワイドパンツとスカートです。

義母は昔、洋裁関係のお仕事をしていたので、なんでも縫えちゃう洋裁のプロ。

どんだけすごい人なの。

f:id:rararutan:20190414193708j:plain

このワイドパンツはお出かけ用。

f:id:rararutan:20190414193654j:plain

光沢のあるとても美しい上質なウールで仕立ててもらいました。(生地代すら支払っておりませんが・・)

 

スカートは、綿100%のデニム生地。

無印のセールで買ったお気に入りのベージュのスカートの色違いバージョンです。

f:id:rararutan:20190414193733j:plain

アラフィフにはカジュアルすぎるかな?と思ったものの、着てみると落ち着いたラインでひとめぼれです。

セール品だったので、ベージュ以外にサイズがなく、「他の色も欲しかった」という話をしたら、さくっと縫ってくれました。

 

なんと、今回スカートを購入したのは20年ぶり。

この2色があれば、すべての色のトップスに対応できるのではないかと、もくろんでおります。

 

もうすぐ母の日ですね。

欲しいものを聞いても「気を使わないで!」と言ってちゃんと教えてくれないので、毎回すごく悩んでしまうんです。

きっとなにをあげても喜んでくれるのはわかっているんだけど、どうせだったらとびきり喜んでほしい。

どうしましょう、なににしましょう。

あー悩む!