ぐーたら主婦ブログをはじめる

テーマは節約と家事全般、ときどきダイエット

粗大ごみを格安で処分する方法!自分で持ち込めば節約に!

SPONSORED LINK

女性のみなさまはドレッサーお使いですか?

ドレッサーと言えば嫁入り道具、嫁入り道具と言えばドレッサー。

今でもドラマやなんかではよく出てきますよね。

ネグリジェを着た美しい女優さんが、寝室に置いたドレッサーの前で豊かな髪をばっさばっさと梳かすシーン。

しかし、あれって実際にやります?

寝室で髪なんて梳かしたら、抜け落ちた毛が気になってしょうがないと思うんですけど。

 

掃除のことを考えるならば、髪を乾かすのは洗面所だし、お化粧をするのはエアコンの効いたリビングが最適ではないでしょうか。

使わなくなった嫁入り道具ランキングがあれば、間違いなく1位に輝くこと間違いなしのドレッサー。

そしてうちにもそんなドレッサーが一台、寝室に居座っております。

f:id:rararutan:20180808152409j:plain

(わたしが写ってしまうの正面から撮影できない)

嫁入り道具3点セット。

今はもう、女が家に入る時代ではないし、「嫁入り」なんて言葉そのものが死語ではないでしょうか。

f:id:rararutan:20180808152501j:plain

中は空っぽで物入れにすらなっていません。

というわけで、この度ドレッサーを処分することにしました。

そこまで高価な家具ではないけど、せっかく買ってもらったものなので、処分するのに躊躇いがないと言ったらうそになります。

けど、結婚して今年で24年目。

その24年のうち、使ったのは最初の数週間だけ。

さすがにもういいかな、と腹をくくることにいたしました。

ドレッサーの処分費用っていくら?

ドレッサーって大型家具に分類されるので、これが意外に高額なんです。

たとえば、大阪市内(うちは市外です)の場合は、なんと1,000円もかかります。

軽四に乗ってそのへんをウロウロしている廃品回収業者は、小型家電であれば無料で引き取ってくれますが、家具なんかは断わられます。

専門の業者に依頼しても、おそらく数千円の費用がかかるでしょう。

粗大ごみは持ち込みが最安!

持ち込みが安い、というのは以前に聞いたことがあって知っていたのですが「大変そう」「めんどくさそう」と思って、利用したことはありませんでした。

で、今回いろいろ調べてみました。

センターはどこにあるの?

自分の住む「市区町村名 粗大ごみ 持ち込み」で検索をすればすぐに出てきます。

たぶん全国にあるはず!

なかったらごめんなさい。

ちなみに大阪府では、すべての市区町村に存在していました。

名前は〇〇〇センターとか、〇〇〇ごみ処理場とかです。

SPONSORED LINK

 

共通のルールと注意事項

ここで紹介するのは一般的なルールです。

ちょっとでも疑問に感じたことは、電話をして直接聞いてください。

細かいルールはセンターによって異なります。

持ち込んだ場合の料金

10kgあたり60円~200円と格安!

しかし堺市の場合は、100kgあたり一律1,700円でした。

大量にあるならお得だけど、点数が少ないと高くなるケースもあります。

持ち込み方法

自分の車にゴミを積んで、処理場内の指定された位置で降ろします。

リヤカーや自転車の荷台に積めたとしても、処理場内に入ることはできません。

持ち込めるごみの種類

センターのホームページで確認することができます。

掲載のないものに関しては、必ず事前に確認をしてください。

たとえば、スプリングマットは多くの市区町村で不可扱いになっているのですが、大阪市や岸和田市では可能です。

リサイクル家電、オートバイ、タイヤ、消火器なんかはほとんどの市区町村でNGですね。

その他のルール

  • その市区町村内で出たゴミであること。
  • その市区町村に住む住人であること。
  • 世帯主(もしくは同居人)であること。
  • 可燃性(木製)と不燃性(スチール)は同時に持ち込めません。(ドレッサーだと鏡部分は取り外さなくてはならない)
  • 予約が必要かそうでないかはセンターによって異なります。

おしまいに

結局ゴミの処分費用って、そのほとんどが人件費なんですね。

せっかくの機会だから、ドレッサーのほかにも、10年以上使っていない、お客様用の布団一式も処分してしまおうかと考えています。

多分この先、お客様がくることもないだろうし、もしそういう機会があっても「布団がないから~」でなんとかしのげるかもしれないし、最悪ニトリで3,980円ぐらいのを一式購入してもいいですしね。

なければないでなんとかなるかな、と。

 

実は他にもいろいろ計画していることがあって、ドレッサーを置いていた場所には、置きたいものがあるんですけど、その話はまた今度。

なにしろ、夫が出張から帰ってこないことにはドレッサーも捨てられないし、新しい家具も置けないっていう。

やっぱり男手って重要ですね。

夫よ、早く帰ってきて~。