ぐーたら主婦ブログをはじめる

テーマは節約と家事全般、ときどきダイエット

安い鶏もも肉で豪華なチキンステーキ!皮目をパリパリに焼く方法

SPONSORED LINK

今日は鶏もも肉の皮をパリッパリに焼く方法をご紹介します。

鉄製のフライパンを使えば、そこまでむずかしくもないのですが、残念なことに、うちには鉄製のフライパンがありません。

鉄製のフライパンって「欲しいけど持ってない」という方、意外に多いんじゃないでしょうか。

ご安心くださいませ。

テフロンであっても、ちょっとした工夫をすることで、皮目をパリパリに焼くことができます。

ほんとにこれでもか!というぐらいパリパリになりますよ。

しかも肉汁ブッシャー!中はふんわりジューシー。

ほんとにテフロンで焼いたの?

これが100g68円の鶏もも肉?!

と、驚くこと間違いなしです。

下ごしらえ

余分な脂や軟骨を取り除く

こちら100g 68円、国産鶏もも肉でございます。

大きめの1枚がたったの260円。

2人前はありますから、1人前で130円です。

f:id:rararutan:20180630165333j:plain

余分な脂や軟骨、目立った筋はきれいに取り除きます。

特に皮の下には油がぎっしり。

分厚い部分には包丁をいれて、厚みが均等になるようにしておきましょう。

50℃洗いがおすすめ

以前はこのあとすぐに焼いていたのですが、貯め代 (id:tameyo)さんの記事を読んで、50℃洗いに挑戦してみたら、いつもよりも早い時間でふっくらと焼けました。

tameyo.hatenablog.com

ぜひぜひおすすめします。

水をはったボウルに、袋を沈めてから空気を抜くと、上手に密封ができます。

ストローで空気を吸い込むと、うっかりドリップまで吸い込んでしまい、オエッとなることがあるので注意です。(経験者)

給湯器のお湯を使って、5分間漬けました。

f:id:rararutan:20180630183645j:plain

皮目をパリパリに焼く方法

軽く塩コショウをして焼いていきます。

テフロンのフライパンですから油は必要ありません。

皮目を下にして、火加減は弱火と中火の間ぐらい。

f:id:rararutan:20180630184426j:plain

落し蓋、もしくはアルミホイルで蓋をします。

f:id:rararutan:20180630170517j:plain

蒸し焼きにするのではありません!

蒸気が外側に逃げるよう、ふんわりと蓋を乗せる感じで。

7~8分ぐらいで一度様子を見てください。

余分な脂が出ていれば、キッチンペーパーで拭き取ります。

f:id:rararutan:20180630171005j:plain

SPONSORED LINK

 

なかなか焼けないからといって、ここでひっくり返さないように。

反対側も同じように焼いてしまうと、せっかくパリパリになっていた皮が、蒸気によってしんなりするからです。

パリパリの秘訣はほぼ片面しか焼かないこと

ピンクの部分がなくなるまでしっかり焼きましょう。

ここまで火が通ってしまえば、こっちのものです。

f:id:rararutan:20180630184524j:plain

少し火を強めて、反対側を30秒焼いてください。

火は中まで通っているので、30秒で十分です。

f:id:rararutan:20180630184538j:plain

見事なぐらいパリッパリです。

トングで叩くとカチカチいいますよ。

レシピがあとになりましたが、ソースは焼いている間に作っておいてくださいね。

ガーリックソースのレシピ

ガーリックソース(2人分)

すりおろし玉ねぎ 1/8個

すりおろしにんにく 1片

しょうゆ 大さじ1

みりん 大さじ1

酒 大さじ2

酢 小さじ1

材料を小鍋に入れたら一煮立ちさせるだけです。

玉ねぎは、冷蔵庫か氷水で冷やしてからおろせば涙が出ません。

ソースはいただく直前に

切ったらもったいないぐらいに、肉汁がだくだくと溢れました。

面倒でなければ、お皿で切り分けながら食べるほうがいいでしょうね。

f:id:rararutan:20180630185415j:plain

中はふっくらジューシー、皮は香ばしくパリパリです。

このおろしソースがまた鶏肉と合うんです。

夫が初めて食べときは「レストランの味」と感激しておりました。

クラブハウスサンドにも

このままいただいても美味しいのですが、お昼に食べたパンが余っていたので、サンドウィッチにしてみました。

これ1個で原価100円を切りますよ。

やっぱり鶏肉って安いなあ。

f:id:rararutan:20180701024125j:plain

マスタードがあれば完璧だったのに!

マヨネーズをちょっと乗せてもよかったですね。

f:id:rararutan:20180630185716j:plain

クラブハウスサンドっぽい!

そもそもクラブハウスサンドってなんだ?と思って調べてみたら3枚のパンで挟むこと、らしいです。

1枚足りませんでした。

おしまいに

鶏肉と言えば節約メニュー的なイメージがありますが、調理法を少し工夫してみることで、豪華な食卓に変身です。

それにしても50℃洗いの効果は絶大でした。

以前は焼いている過程で油がダクダク出てきて、キッチンペーパーを何枚も使っていたのに、50℃洗いにしたら、油がほとんど出てきませんでした。

カロリーはその分高くなるかしれませんが、お肉の油はうま味ですからね。

ジューシーさがまるで違います。

f:id:rararutan:20180630202512j:plain

実は以前、テレビで見た野菜の50℃洗いを試したら、見事に失敗しました。

シナシナだったネギが、お湯につけたらシャキッとしたけど、お湯から出した途端、余計にシナシナになったのです。

結局冷水に付けておいたらシャキッとしました。

 

そんなことがあったので、お肉の50℃洗いも若干不安になりつつ、貯め代さんのいうことなら、と思って試してみたのが大正解です。

もしこれが、テレビで見ただけ、だったら試してなかったかも。

情報をくださった貯め代さんにはこころから感謝を。

 

わたしの愛用するフライパンの記事はこちらです。

www.choki.work