ぐーたら主婦ブログをはじめる

テーマは節約と家事全般、ときどきダイエット お金大好きぐーたら主婦のブログです

洗い流さないトリートメント・ミルボン ディーセス エルジューダがおすすめ

SPONSORED LINK

今日は洗い流さないトリートメント、ミルボン ディーセス エルジューダのレビューです。

先日の記事でチラッと登場させましたら、「気になる」とのコメントをいただきました。

実はずっとレビューしたいと思っていたとこなんです。

この製品めっちゃいいです。

あんまりべた褒めすると、「こいつうさん臭い」って思われそうですけど、あえて言わせていただきます。

ほんとにこの製品めっちゃいいです!

騙されたと思って一度使ってみてください。

(合わなかったらすいません・・)

f:id:rararutan:20180610134830j:plain

40代に入ってからの髪質の変化

まずはトリートメントを変えようと思ったきっかけです。

女性も年齢を重ねれば、髪が薄くなります。

しかし男性のように目立って薄くはならないので、気が付かないこともしばしば。

わたしが薄くなった?!とはじめて感じたのは、上の角度から撮った写真を見たときです。

つむじがばっちり写っていたのですが、地肌はスケスケ、髪はぺちゃんこ。

かなりの衝撃を受けました。

昔からハリコシのない、細い髪ではありましたが、まさかここまできていたなんて・・。

リンスやトリートメントが重い、と感じるように

その頃、普段使っていたリンスやトリートメントが重い、と感じるようになっていました。

お風呂上りなのにさっぱりしない、ベタっとした仕上がりに。

洗ってない髪というか、まるで海苔の佃煮のよう・・。

 

わたしは若い時からずっとラックスでした。

20年?30年?ぐらいは使っていたかもしれません。

品質そのものが変わっている可能性もありますが、おそらく更年期にさしかかり、髪質自体も変わっているのでしょう。

 

リンスとトリートメントをやめたら、思いのほか良いことずくめだったので、別記事にしてまとめてみました。

次の機会にアップする予定です。

ミルボン ディーセス エルジューダとの出会い

ここから、トリートメントを探す旅がはじまります。

とりあえず、1番売れているものなら大きな失敗はないだろう、と考えて、アマゾンのランキングと口コミの内容で判断することにしました。

こちら、堂々のベストセラーです。

口コミもすごいことになっています。

これだけ口コミがあれば、すべてがステマってことはないでしょう。(たぶん)

決め手はコストパフォーマンス

なんとこのトリートメント、ショートなら半年以上は持つとのこと。

今まで使っていたラックスのトリートメントは1本で600円前後、1カ月しか持ちません。

2,000円で半年以上持つのなら、1カ月あたりのコストは300円ちょっとです。

かなり優秀!

ミルボン ディーセス エルジューダってどんな製品?

美容室専売品と書いてありますが、アマゾンや楽天で購入できます。

美容院で購入すると、おそらく定価販売です。

f:id:rararutan:20180610150108j:plain

キラキラ光るボトルが素敵ですね。

しっかりしたガラス瓶に入っているので、中身が酸化しずらく、品質の劣化を防ぎます。

SPONSORED LINK

 

使用感

オイルなのに不思議なほど、べたつきません。

リンスやトリートメントをしたときのモタッとした感じがなくなり、髪も早く乾きます。

びっくりするぐらい、サラサラふんわりになりました。

しかも翌日までそれがちゃんと続くのです。

もう、海苔の佃煮ではありません。

 

こちら佃煮だったときの写真です。

これを見たときに「あ。やばい」と思いました。

f:id:rararutan:20180610155545j:plain

髪が薄いと幸まで薄そうですね。

で、今はこんな感じに。

f:id:rararutan:20180610181203j:plain

ちょうど美容院に行く前なので、ずいぶんと伸びておりますが。

これが、頭頂部撮影の限界でした。

髪は伸びたほうがペタンとなりやすいのに、今のほうがふんわりして見えますよね。

クセ毛に効果的!

くせ毛でうねりまくっていたやっかいな髪が、とても素直になりました。

クセ毛でも今はやりのゆるふわくしゃくしゃっみたい髪型ならおしゃれにも見えますが、わたしのは「奥さん寝ぐせついてるよ」的なクセ毛なんです。

そのため、くるくるドライヤーやヘアアイロンが手放せません。

伸ばして引っ張って、と、毎日のように格闘しておりました。

だから余計に髪がペタンと寝ていたんでしょうね。

 

それが今では、根元を立ちあげるようにして乾かすだけで、しっかりまとまるように。

くるくるドライヤーもヘアアイロンもまったく使っていません。

上の画像だって撮影のためにセットしたわけじゃないですよ。

髪を洗った翌日だし、朝起きてからはセットすらしていません。

手でちょっと撫でただけです。

美容院の方からも「クセが強いわりに全然跳ねませんね」と言われました。

気になる香りは?

なんと言っていいのかわかりませんが、サロンの香りです。

わたしは人工的な香りが苦手で、香水すら使ったことがありません。

正直いうと、この香りもあまり好きではなかったのですが、今では鼻が慣れてしまったのか、まったく気にならなくなりました。

夫に「変なにおいしない?」と、聞いてみたところ「いいにおいがする」と言っていたので、万人受けはいいのかもしれません。

ミルボン ディーセス エルジューダの使い方

使用量の目安

ショートヘア 1プッシュ

セミロング 2プッシュ

ロングヘア 3プッシュ

わたしはショートなので、半年以上持ちます

とっても経済的ですね。

  1. タオルドライしたあとの髪に、押さえつけるよう、しっかりと馴染ませます。(地肌にはつけません)
  2. 髪を持ち上げるようにして、根元からしっかりとドライヤーで乾かします。

どれを使っていいのか迷ったときは

ミルボン ディーセス エルジューダは、なんと全部で10種類もあります。

多すぎて、公式ページを見てもどれを選んでいいのかわからない!といった方へ。

髪質に関しては、普通~太く硬い髪の方用と、細くやわらかい髪の方用の2種類です。

髪の痛みが気になる方はピンクのボトルのミルクタイプを、そうでない方はオイルタイプを選択しましょう。

次の4つのうちから選んでおけば、間違いはありません。

ダメージの少ない方、硬さのある、普通~太い髪の方

髪に適度なやわらかさをプラスし、しなやかで動かしやすい状態に整えます。

ダメージの少ない方、ハリコシがなく、細い髪の方

髪に適度な厚みを持たせつつも、しなやかでやわらかな状態に整えます。

ダメージの多い方、硬さのある、普通~太い髪の方

より多くの水分を髪の内部へ浸透させて、やわらかで扱いやすい、素直な状態に整えます。

ダメージの多い方、ハリコシがなく、細い髪の方

パサつきがちな細い髪の水分蒸発を防ぎ、芯から潤うやわらかな質感に整えます。

おしまいに

髪質ってかなり個人差があるので、すべての方に合うかどうかはわかりませんが、もし、今お使いのヘアケア用品に、少しでもご不満があるようでしたら、冒険してみるのも悪くはないと思います。

わたしは冒険してみて大正解でした。

他のミルボンも試してみたいけど、今使っている瓶が空になるのはいつになるやら。

半量で半額だったらもっと嬉しいのに。

 

合わせてお読みください。

www.choki.work