ぐーたら主婦ブログをはじめる

テーマは節約と家事全般、ときどきダイエット お金大好きぐーたら主婦のブログです

主婦のお小遣い5,000円の内訳と節約術、やりくりのコツをご紹介

SPONSORED LINK

今日はお小遣いについての考察をしてみたいと思います。

よく議論にされるのが、専業主婦にお小遣いは必要なのか?ってことです。

これについては、専業だろうが、兼業だろうが、お小遣いは必要!と断言させていただきます。

f:id:rararutan:20180606153950j:plain

といっても人によるんですよね。

十分な収入があって、家計簿なんかつけなくてもちゃんと節制ができて、しっかりと倹約できる方であれば、特に必要はないはずです。

わたしは管理ができない人なので、お小遣いを設定することに十分意味があるのです。

なぜお小遣いが必要なのか

お小遣いを決めてなかったときは、自分にかかる経費は、すべて生活費の中から捻出しておりました。

しかしこれ、毎月決まった額が必要になるわけではないんです。

使うときと、使わないときの差が激しい。

しかし生活費予算は毎月ギリギリだから、使う時は貯金を切り崩すことに。

その貯金を切り崩すのが嫌で嫌でたまりませんでした。

 

で、お小遣いの枠をもうけることにしました。

毎月5,000円、ボーナス時にプラスで20,000円です。

 

すくな!と思われた方が多いと思います。

しかしわたしには虎の子がございます。

ブログの収益と、クレジットカードのポイントです。

といっても、ブログの収益はまだまだ微々たるもので、しかもこの先増えるのか減るのかもわからず、安定した収入とは言い難いです。

お小遣いの内訳

化粧品、美容院代、衣料品などなど、以前は人並みにお金をかけておりましたが、今では最低限までランクを落としました。

化粧水なんて1本5,000円→100円です。

しかし不満もストレスもまったくありません。

というか、なんであんな高い物使っていたんだろう?と後悔しているほどです。

 

特に、ここ最近は肌の調子がすこぶる良いです。

たばこを止めて、食生活に気を配るようになったおかげでしょうか。

むしろ、若い時よりも、今のほうが調子が良いほどです。

 

そりゃまあ、年齢による肌のたるみや衰えはもちろんありますけどね。

人は誰しも歳をとるもの、それはそれで仕方がありません。

アラフォー時代は若く見られたくて必死になっておりましたが、今はアラフィフに差し掛かり、若く見られることよりも、身ぎれいにすることを心がけるようになりました。

基礎化粧品

ハトムギ化粧水(ダイソー)100円

▶ ニベアSUNプロテクトウォータージェル 500円前後

▶ サンホワイト 1,000円前後

f:id:rararutan:20180606005024j:plain

いずれも、外出時にしか使っておりません。

普段は水でジャブジャブ洗っておしまいです。

化粧水、日焼け止めは3~4か月、サンホワイトは半年以上持ちます。

www.choki.work

メイク用品

▶ セザンヌUVファンデーション 600円前後

▶ カネボウ メディア Wアイブロウ ペンシル&パウダー 1,000円?

▶ ちふれ 300円~

f:id:rararutan:20180606004354j:plain

持っているコスメはたったこれだけ。

もうね、この歳になると、厚化粧は見苦しい。

マスカラも最近では使わなくなりました。

毎日はお化粧しないので、半年~1年は持ちます。(もっとかも)

ちふればんざい。

SPONSORED LINK

 

理美容

▶ ミルボン ディーセス エルジューダ 2,000円前後

洗い流さないトリートメントです。

さらっさらになりますよ。

ショートヘアなら、これ1本で毎日使っても半年は持ちます。

カット代 690円

これも昔は万単位で使っていたのに、いまじゃ考えられませんね。

www.choki.work

医療品

▶ コンタクト 1セット2,000円前後

眼科で処方してもらうと高額なコンタクトレンズも、ネットならその半額以下です。

毎日は使わないので、これ1セットで1年ぐらいは持ちます。

数年に1度は眼科で検診を行い、処方箋を書いてもらいます。

衣料品

▶ 下着、靴下類 500円~1500円前後

これだけはちょっとしたこだわりがあります。

肌に直接触れる部分が、綿100%のものを選びます。

グンゼラブ。

▶ 普段着

トップスは1,000円~2,000円前後のものばかりです。

ボトムで2000円~3000円程度。

若い時はなんでも着られたのに、最近ではラフすぎるTシャツやパーカーが似合わなくなりました。

アラフィフのファッションについては、ただいま研究中です。

 

▶ バッグ

買い物用には洗濯ができる綿バッグを利用しています。

10年~20年以上前に購入したレザーバッグはいまだに現役です。

高い物でも5万円ぐらい。

これだけあれば十分なので、新しい物は当分買う予定がありません。

f:id:rararutan:20180606103054j:plain

▶ 

数千円~1万円ぐらいのものを年に1~2足。

ボーナス時に必要であれば、購入します。

少ないですけど、わたしはミニマリストではないです。

履かない靴は傷みが激しいので、必要最低限しか持っていません。

f:id:rararutan:20180606103517j:plain

SPONSORED LINK

 

趣味と嗜好品

▶ おやつ

公共料金の支払いからお買い物まで、支払いはすべてクレジットカードを利用し、そのポイントはわたしのお小遣いに充てております。

おやつや一部の日用品などは、ローソンのお試し引換券で交換します。

ときどきコスメなんかも交換できます。

www.choki.work

▶ 趣味

ブログ以外では、唯一の趣味と言えるのがゲームです。

ソシャゲ?ガチャで何万円も使うとかありえません!

わたしが持っているハードはPS4と3DSです。

 

新品であれば8,000~9,000円するソフトを数百円で遊ぶ方法があります。

中古価格で4,000円前後まで落ちた、かつての人気タイトルが狙いめです。

メルカリで売買を繰り返せば、わずか数百円で楽しめます。

f:id:rararutan:20180606160548j:plain

つわものたちは新作を購入して、数時間、数日遊んだらすぐに売るみたいですね。

わたしはそこまでがっつりはできないです。

交際費

すみません、友達いないのでまったく使いません。

普通ならここで結構使ったりするんでしょうね。

その代わり、夫とのレジャーはそれなりに楽しんでおります。

レジャー費は毎月、3,000円に設定してありますが、日帰り温泉などに行った場合は、予算の枠を超えることも珍しくありません。

そういった場合でも、お小遣いから補填すれば、気兼ねなくレジャーを楽しむことができます。

www.choki.work

お小遣いを設定してよかったこと

お小遣いを設定してから家計の赤字がなくなりました。

赤字がなくなったことにより、心にもゆとりを持てるようになった気がします。

お小遣いとは、わたしにとって「自由に使えるお金」です。

つまり、「無駄遣いしてもいいお金」なんです。

アメとムチのアメの部分です。

ムチ打つばかりでは辛いですからね。

おしまいに

それにしても、ちょっとケチケチしすぎですかね。

浪費家だった昔を知っている夫は、わたしが無理をして頑張っていると勘違いをしていたようで、一時期本気で心配していたそうです。

無理だなんてとんでもない!

わたしは今、工夫をこらして得することが、楽しくて楽しくて仕方がないのに。

 

夫はいつもこう言います。

「俺の金はちょきの金、ちょきの金はちょきの金。金なんて好きなだけつこうたらええ」

わたしは一体どこのジャイアンですか。

お気持ちは大変ありがたいのですが、うちには好きなだけ使える資産なんてございませんよ。

 

困ったことに夫は、お金に対し、こだわりや執着が全くないひとです。

「株で貯金がなくなったらどうする?」と聞いても「なんとかなるやろ」なんて答えてしまうような人です。

長所でもあり、短所でもあります。

だからこそ、わたしがしっかりと財布の紐を握りしめておかないとね。

明るく楽しい老後を迎えるためにもがんばります。

 

合わせてご覧ください。

www.choki.work

www.choki.work