ぐーたら主婦ブログをはじめる

テーマは節約と家事全般、ときどきダイエット

さつまいものオレンジ煮 ダイエット中のおやつやお弁当のおかずにも

SPONSORED LINK

悲しいお知らせがあります。

今月に入ってから2キロも太ってしまいました

って・・すみません、悲しいのは私だけですよね。

 

食欲の秋と関係しているのかどうかはわかりませんが、11月に入ってから、ものすごく甘いもの食べたい病に憑りつかれてしまって、おやつは200キロカロリーまでと決めていたのに、一袋 400~500キロカロリーはありそうなチョコレート菓子を一度にペロリと食べたりしてました。

 

我慢できるときであれば、買わないことで我慢できるのですが、一度甘いもの食べたい病に憑りつかれてしまうと、気が付けば財布を握りしめて、スーパーのお菓子売り場に立っています。

ほとんど病気です。

 

しかし、これ以上体重が増えてしまうと、取り返しのつかないことになってしまうので、ここらで一旦気を引き締めたいと思います。 

と言っても、いきなり甘いものを絶つのは辛いですからね。

甘くて美味しい、旬の食材を使ったおやつを作ってみることにしました。

旬の食材、甘くて美味しいさつまいも

この辺りは大阪といってもかなり辺境の地でして、周辺にはまだまだ多くの田畑が見られます。

そして、農家なのか家庭菜園なのかはわかりませんが、その辺の玄関先や軒先に、無人直売所が設置されているのです。

 

形は不ぞろいだったり、傷があったりで見た目は決してよくはありませんが、それなりの量が入っていて、100円で買えるのが魅力であります。

そこでたまたま売っていたのがさつまいもでした。

 

真っ先に浮かんだのはスイートポテトでしたが、脂質との組み合わせは脂肪になりやすいので、泣く泣く却下です。

今回はオレンジジュースが残っていたので、オレンジ煮にしてみることに。

さつまいものオレンジ煮

小さなさつまいもが5本入っていたのですが、撮影するのを忘れていて、気が付いたらもう切ったあとでした。

材料(たくさん)

サツマイモ(小) 5本

オレンジジュース(果汁100%) 300cc

砂糖 大さじ3

作り方

 サツマイモを輪切りにして水にさらします

見てください。

たった100円でこのボリュームです。

f:id:rararutan:20171125181506j:plain

❷ 鍋に材料をすべていれます

混ぜなくても大丈夫なので、豪快にいれましょう。

f:id:rararutan:20171125181923j:plain 蓋をして15分ほど、コトコト煮ます

これは無水鍋なので、蓋をしてしまうと水分があまり抜けません。

そのため、最初の10分は蓋をしたままコトコト煮て、残り5分は少しだけ蓋をずらして水分を飛ばしながら火にかけました。

f:id:rararutan:20171125184852j:plain

煮汁をさつまいもに回しかけながらさっと煮たら完成です

さつまいもが潰れないように、優しく扱ってくださいね。

火を通しても、オレンジの風味は抜けてしまわないので、さっぱりとした甘さに仕上がります。

SPONSORED LINK

 

さつまいものカロリーは?太りやすい?

さつまいももお砂糖もオレンジジュースも、カロリーは若干高めではありますが、油を全く使ってないので、間違いなく、脂質と糖質の塊であるチョコレート菓子よりは太りにくいです。

f:id:rararutan:20171127232010j:plain

ちなみに1人前(小鉢1杯)でおよそ150キロカロリー

残りはタッパーに移して保存です。

まさか100円でこんなにも作れるとは思いませんでした。

ダイエット中のおやつはもちろんのこと、お弁当の彩にも最適ですよ。

f:id:rararutan:20171126004825j:plain

おしまいに

お砂糖でも十分に美味しくいただけましたが、実はあとから、ハチミツで作ればよかった、と後悔しました。

甘さは、大さじ3杯のお砂糖=大さじ1杯のハチミツとなり、カロリーはハチミツのほうが10%ほど少なくなります。

しかもハチミツは低GI値食品です。

 

GI値が低いほど、ゆっくりと吸収されるため、腹持ちがよくダイエットに最適なのです。

次はハチミツで再チャレンジしてみます。