ぐーたら主婦ブログをはじめる

テーマは節約と家事全般、ときどきダイエット

タオルの黒い点々は黒カビ?捨てる前に試してほしい落とし方

SPONSORED LINK

古くなったタオルについた黒い点々、これって普通に洗濯しただけでは全然落ちませんよね。

塩素系漂白剤であれば一発で落とせますけど、残念なことに、色や柄まで一発で落ちてしまいます。

落としたいのは黒い点々だけなのに!

 

この黒い点々の正体は黒カビです。

しつこく頑固な黒カビは、そう簡単に落とすことはできません。

今日ご紹介するのは、このにっくき黒カビを確実に落とす方法です。

バスタオルに突然黒カビが繁殖!

綿のタオルって、古くなるとゴワゴワして手触りが悪くなりますよね。

そうなったら、雑巾に下ろしたり、ウエスにしたりで再利用するのですが、こちらのバスタオル、購入してからまだたったの半年です。

f:id:rararutan:20171111144721j:plain

黒カビさえどうにかなれば、まだまだ使えそうなのに。

これまでのタオルは、2~3年使ってもへっちゃらでした。

タオルに寿命ってあるの? 

そもそもタオルの一般的な寿命や替え時って、どれぐらいなんでしょうか?

気になったので調べてみました。

なんと、タオルソムリエが考えるバスタオル&フェイスタオルの寿命は洗濯30回、だそうです。

 

え?洗濯30回?!

はっはっはっ!

おもしろい冗談ですね。

絶対にないわ!!!

 

たった30回ってつまり、毎日洗濯するご家庭では、1か月ってことでしょ?

うちは夫婦2人だから毎日は洗濯しないけど、ないわー、絶対ないわー。

そんな勿体ないことしたらバチがあたるわー。

 

というわけで、この情報は、私にとって有益ではありませんでしたので、見なかったことにします。

うちではゴワゴワになって手触りが悪くなるか、穴が開いて破れるまでは使い倒します。

で、さっきのバスタオルです。

購入したのはこちらの商品。

片面ガーゼ仕様でサラッとしていて軽い肌触り、速乾性にすぐれた今治マーク認定のバスタオル・・のはずですが、見事にカビました。

カビの付きやすさと乾きやすさはイコールではないのかもしれません。

だけど使い心地は気に入っているので、まだまだ使いたいです。

色柄物には酸素系漂白剤が最適!

色柄物の漂白と言えばこれです。

キッチンハイター、と見せかけて、中身はやさしい酸素系漂白剤

f:id:rararutan:20171111153422j:plain

キッチンハイターはお高いので、詰め替えてつかっています。

成分は似たようなものです。

キャップがメジャー代わりになるのでちょうどいいのです。

酸素系漂白剤に適した温度

ここで、酸素系漂白剤の効果について。

  • 75℃ 除菌
  • 50℃ 漂白
  • 40℃ 酵素

 漂白効果が一番高まる温度が50℃と言われています。

つまり、漂白をするだけであれば、50度前後のお湯で十分、ということになります。

50℃設定での漂白

煮沸は面倒ですしね、50℃で落ちれば手間も省けます。

給湯器を60℃設定にし、お湯を貼ります。

そこに1Lあたり、小さじ1杯の酸素系漂白剤を溶かし入れます。

f:id:rararutan:20171111154132j:plain

たくさん入れたほうが確実に落とせると思い、ハイターのキャップに2杯ほど(50gぐらい)入れてみました。

3時間後がこちらです。

f:id:rararutan:20171111144717j:plain

薄くはなっていますが、落ちていません。(スマホ画像だとわからないかも)

これはもう、最後の手段、鍋を使って煮洗い以外にありません。

SPONSORED LINK

 

最終手段?いよいよ煮洗いに挑戦 !

先に注意点がいくつかございます。

  • 酸素系漂白剤であっても色柄物は色落ちする可能性があります
  • 綿100%のものに限ります
  • アルミ製のお鍋は黒ずんでしまうので使ってはいけません
  • 最悪、捨てる覚悟で挑んでください

最後の一文が重要であります!

そして、覚悟を決めて実践です。

1.バスタオルを入れて火にかけます

うちにあった一番大きなお鍋は圧力鍋でした。

f:id:rararutan:20171111153528j:plain

2.火を止めてから漂白剤を入れます

沸騰したら、一旦火を止めてから漂白剤を少しづつ入れてください。

ここでも私は、漂白剤を多めに入れました。

しかも一度に放り込んだため、ブワーッ!と泡がでてかなり慌てました。

3.弱火でコトコト10分~15分煮ます

15分経ったお鍋の中がこちらです。

f:id:rararutan:20171111155147j:plain

し、汁の色が・・!

これはカビの色ではございません。

明らかに色落ちしています。

どうやら漂白剤入れすぎ?

4.人肌になるまで冷まします

冷めていく過程でも漂白効果は高まります。

私はこの時点で、次はどこのメーカーのバスタオルを買おうか頭を悩ませていました。

5.洗濯機を使ってすすぎます

完全に冷めたら、洗濯機を使って普通にすすぎます。

そして驚きの結果が・・!

じゃじゃーん。

f:id:rararutan:20171111164428j:plain

なんと、キレイさっぱり黒カビが落ちました。

影も形もございません。

まるで新品のようです。

 

色も落ちたのかもしれませんが、ムラがないのでまったく気になりません。

これでまた当分、このバスタオルを使うことが出来そうです。

みなさまも、まだ使えそうなタオルがあれば、試してみてはいかがでしょうか。

おまけ

けっちゃん(id:ketukochan)からコメントをもらって思い出したことです。

この方法、台所用布巾にも超おすすめ!であります。

 

うちでは食器用布巾と台拭きの布巾を週に1回の割合で、煮洗いをしております。

布巾だとそこまで大きな鍋で沸かす必要もないですし、すすぎも洗濯機を必要とせず、(食器用は洗濯機に入れたくないし)ボールやタライで済むので、そこまで手間には感じておりません。

 

おかげさまでうちの布巾には、黒カビが生えたことは一度もありません。

いつも破れるまで使い倒します。

ぜひ一度おためしくださいませ。

こちらお洗濯シリーズです。

よろしければ合わせてご覧ください。

www.choki.work

www.choki.work

www.choki.work