ぐーたら主婦ブログをはじめる

テーマは節約と家事全般、ときどきダイエット お金大好きぐーたら主婦のブログです

すりおろし野菜で時短カレー ゴロゴロ野菜が好きな人にも!

SPONSORED LINK

昨日は夕方になってから突然カレーを作りたくなりました。

でもカレーって、数時間寝かせたほうが美味しくなりますよね。

前もって決めていれば、午前中に仕上げておくのですが、今日は思い立ったのが遅い時間なので、そうもいきません。

すりおろし野菜で時短カレーの作り方

夫はゴロゴロ野菜のカレーが好きなので、キーマカレーや圧力鍋で仕上げる方法は却下です。

というわけで、野菜をすり下ろして作ることにしました。

材料はパッケージに書いてある通りです。

野菜はどれぐらいすりおろすの?

すりおろす野菜の分量は全体の1/4ほどです。

やりすぎると、ドロドロすぎて舌触りが悪くなることがあります。

 

玉ねぎは冷蔵庫で冷えたものをすりおろしてください。(家では玉ねぎは、常時冷蔵庫保存です)

そうすれば全然、目に染みません。

 

メークインだとざらざらとした食感が残る場合があるので、男爵を使いましょう。

小さくなって、おろしにくくなったら、そのまま鍋に放り込んでしまえばいいです。

お肉はどんなお肉がいい?

お肉の種類は、豚肉の片ロースかバラの薄切りをお勧めします。

ブロックタイプの肉や、鶏肉、牛すじ肉は時間をかけてホロホロにしたほうが美味しいです。

時短レシピの場合は、薄切り肉でないと短時間で旨味が引き出せません。

大事なのは水加減

お水の量は、パッケージに書いてある分量より、200ccほど少なめに入れましょう。

万が一、しゃぶしゃぶになってしまったら、煮詰めるのに時間がかかってしまうからです。

ドロドロ過ぎた場合は、あとからお水を追加できます。

お水を足すときは、少しづつ様子を見ながら入れてくださいね。

材料

最近のカレーはサイズがマチマチなので、パッケージに記載の分量を参考にしてください。

野菜ゴロゴロ感を味わうために、記載してある分量+2割増しがおすすめです。

時短カレーのレシピ
  1. 鍋でお肉を炒めます
  2. すりおろした野菜と、一口大に切った野菜、お水を鍋に入れます(私は野菜を炒めません)
  3. 15分コトコトしながら灰汁を取ります
  4. 一旦火を止め、ルーを溶かしてから、さらに10分煮詰めます
  5. 出来上がり!

f:id:rararutan:20180509195407j:plain

30分足らずで、まるで2日目のカレーのような、コクのある仕上がりになります。

このコクを写真でお伝え出来ないのが、残念でなりません。

おしまいに

夫はこのような野菜ゴロゴロカレーが大好きらしいのですが、実は私、カレーのじゃがいもってあまり好きではありません。

粉っぽく感じるといいますか、なんといいますか、ジャガイモ単体はすごく好きなんですけど、ご飯にジャガイモって合わないと思うんです。

でんぷん質のご飯にでんぷん質のじゃがいもって、でんぷんでんぷんしすぎじゃないですか?

 

できれば全部溶けてしまって、ドロッドロになってるカレーが食べたいです。

 みなさんはどんなカレーがお好きですか?

 

合わせてお読みください。

www.choki.work

www.choki.work