ぐーたら主婦ブログをはじめる

お金はないけど心は錦 47歳子なしで引きこもりがちなぐーたら主婦が日々思うことを綴ります

「紫おさつスナック はちみつバター風味」食べてみました

私はダイエット中でもスナック菓子をいただきます。

自分ではあまり買わなくはなりましたが、夫がわざわざ私の分まで買ってくるのです。

 

そりゃー大好きですから、あったら食べちゃいますよ。

1日200kcalまでのおやつはOKと自分で決めてますので、1/2袋までなら、大抵のスナック菓子で条件を満たせます。

 

「紫おさつスナック はちみつバター風味」のお味は?

今日いただいたのはこちら、大好きな「おさつスナック」の期間限定バージョン「紫おさつスナック はちみつバター風味」です。

芋とはちみつとバターなんて最強のタッグじゃありませんか。

f:id:rararutan:20171027151131j:plain

量は通常のものに比べると10g少なくて50g入りになっています。

おさつスナックはカロリーが若干控えめなのが嬉しいポイントです。

その分、お味はのほうは、スナック菓子にしてはあっさりした軽い仕上がりになっています。

 

関西圏の方には物足りない、と感じるスナック菓子かもしれません。

5月にあったカールの発売中止事件のときに、東京では「うすあじ」が売っていないことを知ったときには衝撃を受けました。

私が一番好きな味なのに!

 

そんな軽い食感のおさつスナック。

1袋全部食べても261kcal、1/2袋ならたったの130kcalです。

f:id:rararutan:20171027151214j:plain

面倒であっても、ダイエット中の方は、ちゃんこうして量りましょう。

でないと一袋、ぺろっといっちゃいます。

残りはしっかり閉じて、目の届かないところに

 

お味のほうですが・・残念なことに、普通のおさつスナックのほうが甘みがあって美味しいです。

はちみつの味もバターの味もよくわかりません。

薄味好きな私が、薄いと感じるぐらいですから、相当薄いんじゃないかと。

 

全体的にぼんやりした味ですね。

イモ系のお菓子はあまりハズレがないだけに、期待が大きかったのですが、今回は残念な結果となりました。

 

魅惑のスナック菓子

私は子供時代、スナック菓子やチョコレートを買ってもらったことがありません。

喘息持ちで体が弱くやせ細っていたので、母が「お菓子は体に悪い!」と言って食べさせてくれなかったんです。

 

しかし、ダメと言われればかえってほしくなるもの。

実際、スナック菓子には、一度食べ始めるとやめられなくなる、麻薬にも似た強い中毒性があります。

 

私は母の目の届かないところでは、むさぼるようにお菓子を食べていました。

財布から小銭をくすねて、買いに走ったこともあります。

バレて殴られてボコボコにされても、懲りることはありませんでした。

押さえつけられれば押さえつけられるほどに、執着が増していたのかもしれません。

 

ちゃんと言い聞かせて、子供が納得し、理解できれば素晴らしいことですが、うちの母の場合は、極端すぎる上に暴力で押さえつけようとしたので、失敗したのだと思います。

 

食べ過ぎたらなんだって毒

美味しいから食べたい、の気持ちは今だって変わっていません。

小さなお子様がいるご家庭では、やはりいろいろと気になって当然のことだと思います。

自分で自炊や栄養管理ができないのですから、大人が気を配るのは当然の責任です。

 

うちはいい歳をした大人が2人なので、その辺は気楽です。

アミノ酸がどーとか、トランス脂肪酸がどーとか、塩分がどーとか言いますけど、なんだって食べ過ぎなければいいんです。

 

最近やたらと目にする、「実は〇〇は体に悪い!」というのも、大抵の場合は、極端に摂取し続けた特殊なケースだったりしませんか?

 

それって、「1日3食30日間マックを食べ続ける」というドキュメンタリー映画、「スーパーサイズミー」と同じじゃないですか。

3食30日間(しかも5000kcal分!)マックを食べる人なんて普通にいないから参考になんないよっていう。

 

好きなものを我慢するほうが私にとっては毒なんです。

なにごとも、ほどほどに、が一番ですよね。