ぐーたら主婦ブログをはじめる

お金はないけど心は錦 47歳子なしで引きこもりがちなぐーたら主婦が日々思うことを綴ります

餃子は作ったらすぐに冷凍 食べたいときは焼くだけに

今日は私の大好きな餃子のレシピをご紹介します。

餃子にはたっぷりのお野菜とお肉、炭水化物まで含まれていますので、餃子と汁物さえあれば、ご飯も他のおかずも必要ありません。

と、私個人は思っておりますが、品数が少ないと夫が露骨にがっかりしますので、ご飯とサラダは付けるようにしています。

 

餃子を作って料理上手をアピールしましょう

一見、難易度が高いように見える餃子ですが、実は簡単です。

もし、皮に包むのが面倒でしたら、大きなタイプのものを使ってみてください。

少し楽に感じるはずです。

私は小さいのが好きなので、普通の皮を使っています。

 

タネに関しては、具材を炒める必要がありませんので、ハンバーグよりも楽です。

まずはレシピです。材料はいつもながらシンプルに。

材料(50個分)

豚ミンチ 300g

キャベツ 200g(芯は取ったほうが口当たりがいいです)

長ネギ 1本(青いとこも使います)

ニラ 一束

にんにく ひとかけ(みじんぎりorすりおろし)

しょうが ひとかけ(みじんぎりorすりおろし)

☆しょうゆ 大さじ2

☆ごま油 大さじ2

☆お酒 大さじ2

☆かたくり粉 大さじ2

作り方
  1. 野菜をすべてみじん切りにします(水切りはしません)
  2. 1に豚肉、☆の調味料を加えてしっかり混ぜ合わせます
  3. 皮半分のフチに水を塗り、水が付いていない部分でヒダを作って包みます(具を詰め込みすぎると包みにくいですよ)

 包んだらすぐに急速冷凍!

普通ならこの後すぐ焼きに入るのですが、私はここで一旦冷凍します。

餃子はお皿やトレーに乗せたままにしておくと、接触面がふやけてしまい、くっついて簡単に皮が破れてしまいます。

市販品のチルドの餃子がそうならないのは、デコボコのトレーのおかげもありますが、単に水分を含んだお野菜が入っていないせいです。

 

それに、餃子はそれほど焼き時間がかからないので、その間に洗い物をしたり、他のおかずを準備するのは忙しくないですか?

おまけにうちの場合は、夫と同じ時間に食事をとることができません。

 

会社を出たときにLINEをもらうようにはしていますが、そこからまた包んで焼くのは正直言って面倒です。

でも焼き立てを食べてもらいたい。

そこで考えたのが冷凍です。

f:id:rararutan:20171019124158j:plain

このようにして、包んだ餃子はアルミトレーに乗せていき、そのまま急速冷凍の引き出しに入れます。

上の写真は半量です。(具を詰めすぎて少し破れております・・)

残りを包んでいる間に、表面はすぐ凍ってしまうので、触ってふにゃふにゃしてなければ袋にバサーっと入れておきます。

f:id:rararutan:20171019124245j:plain

あまり薄い保存袋を使うと、餃子の皮が凶器となって簡単に破れてしまうのでご注意ください(一度それで床にぶちまけたことがあります)

f:id:rararutan:20171019123808j:plain

アルミトレーが足りないので、残り半分は木製のまな板の上に。

いい感じに水分を吸い取ってくれるので、皮がふやけません。

急速冷凍機能がなくても、アルミトレーを使えばすぐに凍ります。

 

食べるときには焼くだけ!

餃子の日は、手の空いた早い時間に作っておき、夕食の時間は焼くだけにしています。

ちなみに皮50個分は、2食に分けて食べています。

もう1食分は、時間のないときや手を抜きたいとき用に、そのまま冷凍しています。

 

凍っていてもチルドでも、焼き時間はそれほどかわりません。

そういえば焼き方のご説明がまだでした。

 

餃子の焼き方
  1. フライパンに大さじ1の油を敷き、適当に広げたら、餃子を並べます
  2. 餃子が半分ぐらいつかるぐらいの水を入れます(まだ火はつけなくていいです)
  3. 蓋をしてから火をつけ、中火で蒸し焼きにします
  4. 水分が減って、パチパチと音がしたら蓋を開け、裏面がカリっとするまで焼きます

f:id:rararutan:20170930114800j:plain

調味料にお砂糖や塩コショウ、中華だしは入れないの?と思われた方おられると思います。

餃子に関してはこだわりがあるので、これまでに様々なレシピを試した結果、必要ないと判断して、このようなレシピになりました。

 

甘みはお野菜の甘みだけで十分と感じますし、お肉からは旨味成分が出ます。

しょうゆや料理酒、餃子の付けダレには塩分が含まれています。

なので、物足りないと、感じたことはありません。

と、言っても、薄味に慣れてない方には物足りないかもしれないので、必要であれば入れてくださいね。