ぐーたら主婦ブログをはじめる

お金はないけど心は錦 47歳子なしで引きこもりがちなぐーたら主婦が日々思うことを綴ります

専業主婦は悪ですか?世間の風は思いのほか冷たかった

とある主婦の方のブログを読んで、ふと昔のことを思い出したので書いてみたくなりました。

昔のことっていっても4年前、ですからそこまで昔じゃなかったです、すいません。
私の経歴をざっくりご説明します。

 

18~24歳 正社員で転職を繰り返す

24歳~30代半ば アルバイトでバリバリがんばる

30代半ば~43歳 体力の衰えを実感して扶養内パートに

43歳 専業主婦になる

 

ざっくりしすぎてすみません。

もう少しお話しますと、24歳~30代半ばの期間に、婦人科疾患で入院、その後胃潰瘍で血を吐いてぶっ倒れておりますが、なにしろ若かったので、順調に回復、無事に復職も果たしました。

30代半ばではバセドウ病を発症しました。

寛解はしても完治はしない病気なので、今も投薬は続けておりますが、お薬のおかげでまったく健常者と変わらない生活を送ることができています。

 

問題は40代に入ってからです。

若さで乗り切きれた30代のころとは、明らかに違いを感じました。

「40代は働き盛り」ってよく耳にしませんか?そう思ってる人多いんじゃないですか?

でも実際に40代になってから思いました。

「40代は働き盛り」なんて言った人は絶対に40代を体験してない!

 

もちろんすべての人に言えるわけじゃないですけどね。

イチローみたいなスーパーマンもいますしね。

でもイチローだって、まだ40代になってから、そんな経ちませんからね。

もしかして、部屋に戻ってひとりになれば、寄る波には勝てないわーなんてぼやいているかもしれませんよ。

 

私のだらしない体たらくぶりは以前にここでもお話しました。

更年期障害のはじまり?過去のだらしないぐーたら生活を公開

43歳でパートを辞めるとき、実はとある掲示板(2chじゃないです)で相談をしたことあるんです。

 

「体調不良のためリタイアして専業主婦になりたいです。でもまだ住宅ローンが残っているので不安です」的な内容です。

まさかのフルボッコでした。

いえ、時代の流れを考えるならば、「まさか」ではなくフルボッコされて当然の内容だったのかもしれません。

ただ私が知らなかっただけです。

 

私が結婚をした23年前(24歳のとき)は、女は仕事をやめて家庭に入るべき、といった考えがごくごく普通でありました。

知らない間に、専業主婦に対する考え方は、すっかり様変わりしていたのです。

 

「子供もいないのに、専業主婦になってなにするんですか?」

「40代でリタイア?ご主人が同じようにリタイアするって言ったら快く受け止めるの?」

「それはご主人という、よりどころがあるから、甘えているだけしょう?」

「ひとりで生計を立てている人は、血反吐を吐きながらでもがんばっているんですよ?」

「今後、ご主人になにかあったとき、代わりにあなたがなんとかできるんですか?」

 

ハンマーでガツンと殴られた気分。

な、なにもそこまで言わなくたって・・

針のむしろってこのことですよね。

 

実際にはもっともっときつい表現で、それはもうたくさんのレスが。

その掲示板、運営がきっちりチェックしてからじゃないと掲載されないので、遅いと反映されるのが翌日とかになっちゃうんですよね。

そのため、同じような意見が一斉に押し寄せるんです。

 

まるで大罪人にでもなったかのような気分です。

専業主婦は悪!専業主婦は犯罪!あそこに専業主婦がいるぞ!捕まえろー!的なノリ。

たいして頭のよくない私は、なんと言って反論していいのかもわかりません。

そもそも、レスの内容はごもっともな意見ばかりだったので、反論のしようがないのです。

 

違うんです。そんなことはわかっているんです。

欲しかった言葉はそんなことじゃないんです。

「疲れたなら、休んでもいいんですよ」

って、言ってもらいたかっただけ。

背中を押してほしかっただけ。

仕事をやめて楽になりたかっただけ。

 

とてもとても悲しかったので、レスを頂いたお礼をいう事もなく、すぐにスレッドは削除しました。

甘えられる人がいるから甘えている、まさにその通りです。

恵まれているのだと自分でも思っています。

 

ありがたいことに、夫は仕事を辞めることに反対はしませんでした。

「団信入ってるし、なんとかなるやろ」

と、軽く言われて、それもそうだなって、納得することに。

最初から夫にだけ相談しておけばよかった、と後悔しました。

 

そのあとは自堕落な生活を送り、ぶくぶく肥え太って、体力を取り戻したのはダイエットをはじめてからのことです。

今のとこは、働きにでる予定はありません。

 

結局のとこ、ハンマーでぶん殴られたぐらいじゃなにも変わりませんでした。

そりゃー愛する夫になにかあればもちろん私がなんとかしますよ。

が、なにもなければきっとこのままです。

 

ずっと接客業やってきて、接客業は大好きだったし、天職だったって今でも思っていますが、なにしろ体力が付いていきません。

だからもし、人生をやり直せるとすれば、なにか手に職をつけるか、資格でも取りたいです。

お若いひとはこんな風にならないようにしましょうねって、今の若い人たちはしっかりしてるから、言われるまでもないですね。

 

あ。それから誤解のないように言っておきますが、この件についてはもう自分の中では解決してますから、悩んでもいませんし、愚痴で書いたつもりもありません。

議論や論争をするつもりももちろんありません。

ただの世間話程度にとらえていだけると、ありがたく思います。