ぐーたら主婦ブログをはじめる

テーマは節約と家事全般、ときどきダイエット お金大好きぐーたら主婦のブログです

連絡帳を断捨離した話 いつか後悔する日はくるのか?

SPONSORED LINK

「私友達いないから」

そう言っている人たちの中に、全く友達いない人って、果たしてなん%いるのでしょうか?

前々からきになっていたことがあります。

「いない」と言っているにも関わらず、「昨日友人と食事に行って~」なんてブログの更新をしている人を時々見かけるのです。

 

私が言っている「いない」は「0人」のことです。

一人でもいれば、それは「友達がいない」と言ってはいけません。

そのたった一人のお友達に、とても失礼なことです。

f:id:rararutan:20180428160744j:plain

私には友達がいません。

自慢できることではありませんが、正真正銘の0人です。

 

今までちょくちょく働きに出ておりましたが、まったく長続きがしなくて、アルバイトも含めると転職回数は数えきれません。

そしてどこに行っても言われる言葉があります。

 

「ちょきさんはいつも楽しそうだねぇ。友達多いでしょ?」

いませんよ、と言っても大抵のひとは信じてくれません。

 

 上記の言葉に、嫌味や皮肉は感じられず、しみじみ言っているのが伝わってくるので、悪い意味にはとらえないことにしています。

「ちょきさんはいつも辛そうだねぇ。友達少ないでしょ?」

って言われるよりは、まあいいかな、って。

 

そして、私はとても聞き上手です。

最後に勤めたパート先を辞めるとき、とても大変な思いをしました。

店長さん(少し年下の同性)がなかなか首を縦にふってくれず、辞める話をしてから1年ぐらいは引っ張られてしまったのです。

 

その辞めさせたくない理由が

「ちょきさんが辞めたら、この先誰が私の愚痴を聞いてくれるの?!お願いだから1週間に1日だけでもいいから続けて!なんならもう午前中だけでもいい!来たい日だけでいいよ!仕事がそんなにしんどいなら、私の愚痴を聞きにくるだけでもいいから!」

と、いったものでした。

 

そこまで言ってもらえるなんて・・ありがたいやらありがたくないやら。

聞いてくれるだけでいいから、というのもなんかちょっと失礼な話ですよね。

勤務中ならいいですけど、時間外なら手当てが欲しいぐらいです。

SPONSORED LINK

 

 

今まで全く友達がいなかったわけではないんです。

職を転々としておりましたので、その場その場で「友人」と、呼べる存在はおりました。

でも辞めてしまうと、お付き合いしていくのが、どうしても面倒になってしまうんです。

 

メールをもらっても、返事は数日後、数週間後と伸びていくばかり。

毎回「返事遅くなってごめん!」ではじまるメール。

そのうち返信するのすら面倒になり、気付けば周りには誰もいませんでした。当然のことですよね。

f:id:rararutan:20180428155826j:plain

友達がいなくても寂しくない。

友達を欲しいと思ったことがない。

友達がいなくても困ったことがない。

自分のやりたいことをやっているほうが楽しい。

 

これが私の本心です。

人として、どこかに欠陥があるのかもしれません。

 

先月、長年使っていたガラケーを捨てて、スマホデビューをしました。

今まで何度かガラケーを交換しているのですが、MNPが利用できるようになってからはずっと同じ電話番号で、連絡帳の移行もちゃんとしていました。

f:id:rararutan:20180427173237j:plain

連絡帳の中身のほとんどは、もう何年も連絡をとっていない、昔々の友人たちです。

今回はじめて、連絡帳の移行はしませんでした。

メールアドレスも電話番号も変えました。

これで、完全に昔との関係は途切れてしまいました。

 

「こちらから連絡をしなくなって、もう何年も会ってない。いつか連絡をしなきゃ」といった罪悪感からも、「連絡を取らなければ」といったよくわからない使命感からも解放されたのです。

今でも、まったく後悔はしておりませんし、むしろ、妙にスッキリしてしまったと言ってもいいぐらいです。

 

ただ、思うんです。

私がこうして平気でいられるのは夫という確かな存在があるからだろうな、と。

しかし、もうお互いにアラフィフです。

一緒にいられるのは、あと10年なのか20年なのか30年なのか・・

 

夫は私の4つ上ですから、あちらが先に逝ってしまう確率のほうが高いです。

友達をなくし、子宝にも恵まれず、愛犬にも先立たれて、夫まで失った先は・・

なんかもう、孤独死する未来しか浮かんでこないですね。

f:id:rararutan:20180428160939j:plain

といっても、将来のことを考えて、今から友達を作っておこう、というのはなんか違う気がします。

そもそも、私には「寂しいから友達が欲しい」という感覚がまるで理解できないのです。

友達というのは自然と仲良くなっていつまにかそばにいる存在、と私は考えています。

欲しがって手に入れるモノじゃないですからね。

 

あなたの身近にもいませんか?

寂しいときだけ、困ったときだけ、連絡してくる「友達」。

私はそういうのが、とても苦手なんです。

 

そんな損得勘定が一切存在せず、お互いの好意だけで成り立った友情関係ももちろんいままでにありました。

だけど結婚して、遠くに引っ越してしまってからはそれっきりです。

その友人とは、今回連絡帳を断捨離する以前に、連絡が途切れてしまいました。

 

連絡帳を断捨離したらすっきりしたよーって話をするつもりだったのに、なんだかしんみりした話になりましたね。

すみません。

ほんとに、いまのところは、まったく後悔してませんよ。

 

友達、と呼んでいいのかどうかわかりませんが、こんな私も、12年前にはじめたオンラインゲームで知り合った数人とは、今でもお付き合いが続いています。

音声チャットで声を聞いたことはありますが、顔は知りません。

住んでいる都道府県までは知っていますが、家までは知りません。

 

ゲームをやめたら絶対に途切れる関係だと思ってたのに、ほとんどゲームをしなくなった今でも、チャットソフトを起動するのが習慣になっています。

 

ときには挨拶すらせず、一言も発することなくログアウトする日もありますが、たとえ返事がなくてもスルーされても、誰一人として気にも止めません。

パソコンの前にいないのかも、他のことに夢中で気づいてないのかも、でおしまいです。

ほんと、なにも考えなくていいので、めっちゃ気楽なんです。

ものぐさな私にはこういう関係が一番向いているのかもしれませんね。