ぐーたら主婦ブログをはじめる

お金はないけど心は錦 47歳子なしで引きこもりがちなぐーたら主婦が日々思うことを綴ります

40歳主婦がオンラインゲームで姫になったときのお話 後編

前編はこちらからどうぞ。

www.choki.work

 

A君からの熱烈なアプローチ

A君は当時、20歳になったばかりの若者でした。

「付き合えないことはわかっているけど、一目だけでもいいから会って話がしたい。それで諦める」

真剣なA君に、私も真剣に答えました。

 

「会ってもがっかりするだけだよ。もうババァだし。絶対思ってるのと違うから」

(そこまで言ってもやっぱり実年齢だけは言えない)

「それでもいい!会いたい!」

 

いや、だから、こっちが嫌なんですってば。

若作りすれば「老けた30代」ぐらいには見えるかもしれませんが、そこまでして会う意味がわかりません。それに、想いが深ければ深いほど、強い憎しみを生むってよく言うじゃないですか。

 

思いつめた彼にグサッと刺されでもしたら・・

いっそのこと、実年齢を言えば諦めてくれるのでしょうか?

さすがに親子ほど離れてるなんて思ってないはず。

 

そこまで考えてから、昔パチンコ店でバイトしていたときのことを思い出しました。

アラフィフ既婚者のまかないのおばちゃんと、20代前半のイケメン店員君が、手に手を取って駆け落ちをした事件のことです。

 

二人にはそれぞれ、年齢の近い伴侶がいて、夫婦住み込みで働いておりました。

そのまかないのおばちゃんは、石田ゆり子とか、キョンキョンとか、森高みたいな美魔女ではなく、ちょっと小太りな年相応のおばちゃんです。

 

恋は盲目、アバタもエクボなんて言葉があります。

人生なにが起こるかわかりません。

若い男性は、年上の女性に憧れを持ち、惹かれる傾向にあります。

若い女性を好むようになるのは、おじさんになってからです。

 

「絶対に会わないから!」

ピシャリ!と私は言いました。

それから数日後、彼からメールがありました。

 

「今大阪駅にいる。最終電車がくるまで待ってるから」(彼が住んでいるのは東京です)

ひええええええええええ。こわい!

 

もちろん彼は、私の個人情報などなにひとつ知りませんから、それ以上のアクションが起こせないことはわかっています。(メールは使い捨てのWEBメールです)

でもなんか落ち着かないというか怖い。

私はその日、1歩も家から出られませんでした。

 

それ以降、彼からのアプローチはピタリと止みました。

どうやら自然と、ゲームからも遠ざかってしまったようです。

望んだことではないにしろ、酷く傷つけてしまった上に、彼からゲームのモチベーションを奪いさってしまったことには、責任と罪悪感を抱く結果となりました。

 

しばらくして、どうしているのか気になった私は、こっそり彼のブログをのぞきました。

そこには、私と出会ってからの思い出が、小説形式で書き綴られてありました。

全部は読んではいませんが、サイドバーのほうに「第20章」という文字があったように思います。

最後のほうだけチラッと見たら、まだ完結には遠いようでした。

 

おわりに

オンラインゲーム時代は、いつもどこかで後ろめたさがありました。

ちゃんとした年齢を言っていれば、このような悲劇は起きなかったのかもしませんが、それは今となってはわかりません。このことがあったせいでしょうか。嘘に嘘を重ねて引っ込みがつかなくなる人の気持ちが、若干わからなくもないです。

 

私が嘘を付けないのは、「正直者だから」ではなく、「根が小心者」だからです。

ごまかしてうやむやにしておけば、嘘を吐いたことにならない、そうやって逃げ道を作っているんです。ずるい生き方とも言えますね。

 

ここでは素のまま、ありのまま、自由に好きなことが書けるので、気持ちがとても軽やかです。

だからこそ、身内には絶対に教えたくありません。もちろん愛する夫にもです!

 

夫だけにブログをやっていることは教えましたが、アドレスは教えておりません。

そういったことには全く干渉してこない人なので、「教えろ」とも言ってきません。

問題は私にナニカあったときです。

 

あまり考えたくはありませんが、もしかしたら、買い物途中に車にはねられ、突然この世を去ることになるかもしれません。

思い出に浸りたいと思った夫や身内が、私のパソコンをいつか開くかもしれない。

そうすれば簡単に、このブログの存在が明るみに!

 

絶対嫌です。困ります。このエピソードを知られるのだって死ぬほど恥ずかしいです。

今だって、勢いで書いてしまったことかなり後悔しています。

 

私が死んだらこのパソコンが爆発してデータを消去してくれるプログラムがあれば!と思うぐらい、嫌です。

そうだ!遺言を残しておけば。

 

「もし私が死んだらパソコンのハードディスクと一緒に火葬してください」

 

逆に怪しまれる?それ以前に燃えないゴミは一緒に入れてもらえませんよね。

困りましたね。死んだ後にパソコンのデータを見られたくないって人、結構いると思うんですけど、一体どうしてるんでしょうか。何かいい手立てがございましたら、教えてくださいませ。